高齢妊娠(妊婦)の抱えるリスク

頑張る赤ちゃん

1年でうまれてくる赤ちゃんの数が年々減るなか、
妊婦さんで増えているのが35歳以上で出産する人です。

 

35歳以上の高齢妊婦さんが増えると、持病を持っていたり、合併症を併発したり、胎児が障害を持って産まれる確率が上がるなどのリスクが高まっているのは確かです。

 

妊婦の高齢化に伴い、不妊治療をして出産に至る妊婦さんも増えています。それによって起こるリスクは少ないのですが、年齢が高めなのでデータとしては、トラブルにあいやすいという結果がでています。

 

以前は妊婦さんの太りすぎ、体重コントロールが話題でしたが、最近はやせすぎが問題になっています。胎児が低体重児になったり、体力がなく難産になりやすいというリスクもあるのです。

 

また、昔から「妊婦に冷えは大敵」といわれてきましたが、これについても医学的根拠の立証がされてきています。喫煙についても、そのリスクが医学的に解明され、喫煙の徹底が促されています。

 

高齢妊娠(35歳以上出産が2割以上)

 

染色体異常と流産率が増加する傾向に。
日本では、35歳異常の初産の妊婦さんを「高齢妊婦」と呼び、いわゆるリスクの高い”マル高”として扱います。女性の社会進出と晩婚化で、妊婦さんの年齢はあがる一方です。
しかし、体力面では35歳を境に落ち込んでいくのは残念ながら認めざるを得ない事実です。高齢でまずいわれるリスクは、赤ちゃんの染色体異常の増加です。
ただし、ダウン症児を40歳で産む確率は1.2%。薬99%はダウン症ではないわけですから、極度に気にしないことです。(心配なら医師と相談して検査を)

 

ちなみに、流産率もあがりますが、この要因には、染色体異常が含まれていると考えられます。その他、妊娠糖尿病、前置胎盤などのトラブル率も増加しますが、高齢出産にしか起こらない合併症やリスクはありません。過度な心配は禁物ですが、慎重さも必要です。

 

また、妊婦さんの肥満はもともとリスクが高いと、体重管理が一般化しています。
しかし、最近では妊娠中の栄養摂取が不十分、つまり、”やせ妊婦”の増加が問題視されています。やせ妊婦でいると、子宮内胎児発育遅延になる可能性が高まり、周産期死亡率が8倍にあがる他、精神発達遅延の発症率も高くなります。

 

医学的には2500g未満の赤ちゃんを低出生体重児と呼び、出生割合は増加しています。また、低出生体重児は、成人期に生活習慣病になりやすくなるという研究発表もあることから、妊娠中は美容目的のダイエットをしないことが赤ちゃんの為です。

 

妊婦の喫煙(25歳未満に高い喫煙率)

 

妊婦さんだけでなく夫の喫煙も問題
妊娠初期の妊婦さんの中で、5%の人がたばこを吸っていることが発覚。特に25歳未満の妊婦さんでは、9%もの人が喫煙をやめられないでいることがわかりました。
ちなみにパートなーである夫が妊娠後も吸っている確率は45%。特に25歳未満の妊婦さんの夫は、63%もの人が妊娠後も喫煙し続けていることが判明。パートナーに気をつけてもらうことも大切です。

 

妊婦さんがたばこを吸っている場合、一番のリスクは胎児の発育に対する悪影響。低出生体重児となる頻度が約2倍高くなります。また早産、自然流産、周産期死亡の危険性も高くなるため、絶対に喫煙を守ることが大切です。

 

冷え(67%の妊婦に自覚あり)

 

早産リスクが3倍、お産の長引くリスク2倍以上に。
「妊婦には冷えは大敵」などと昔から言われてきましたが、医学的根拠が乏しいとも。
これに対し、「冷え性の妊婦は早産リスクが3倍、お産の時関が長引くリスクが2倍以上。冷えは大敵」という研究結果をだしたのが、慶応義塾大学看護医療学部講師の中村幸代さん。実際、67%の妊婦が「冷え性」と認識。体内温度を部位別に測ると、冷え性の妊婦さんは体内温度差が5倍以上も!

 

冷え性とは、手足の先など体の一部が冷えている人のことを差すことも実証しました。冷え性になりやすい人の傾向は、「冷たい飲み物が好き、甘いものが好き、肉が好き」な人です。妊婦の間は特にバランスの良い食事を心がけ、冷やさない服装でお腹の赤ちゃんを守りましょう。