血行の良い生活を送ろう!

血行が良くなる生活を送ろう

カラダの血行が悪くなると、男女ともに妊娠機能に影響を与えると言われています。
今日からさっそく、血の巡りの良くなる生活法を実践してみましょう!

 

花しめつけない服装
カラダをしめつけるような服装は、血行を悪くして不妊へと結びつきます。
女性の場合、下半身を圧迫するきつい下着や、ウエストをしめつけるほどのピチピチのジーンズなどを着用していると、骨盤内の血行が妨げられてしまいます。

 

トランクス

男性の場合は、ブリーフ型のパンツより、ゆったりしたトランクス型の方が良いでしょう。ブリーフ型のパンツは、陰曩を体に密着させてしめつけるため、精巣の温度があがりがちです。トランクスなら風通しもよく、しめつけもありません。また、ズボンもきついジーンズなどは着用しないようにしましょう。

 

花夏場の冷房、上手に対処
冷房の効きすぎから、カラダが冷えて血行が悪くなる、ということはよくある話ですが、女性にとっては冷えは大敵です。しかし、オフィスなどではなかなか自由に室温を変えることができません。そんな時のために、オフィス用にアウターを1〜2舞用意しておくといいでしょう。夜寝るときも、冷房をつけたままにしない、カラダを冷やさないようにタオルケットや毛布を用意しておくといった気遣いを忘れずにしましょう。

 

入浴(温泉)

花入浴で血行をよくする
下半身だけでなく、全身の血行をよくするために、入浴はかなり効果的です。血行を促すための入浴法は、体温くらいのぬるめのお湯に、ゆっくりとつかるのがポイントです。入浴剤などを利用するのも良いでしょう。できれば30分くらいはつかっていたいものです。ただし、男性は精巣のことを考え、熱すぎるお湯に長時間浸かるのは避けた方が良いでしょう。

 

精巣の働きを活発にするための方法

花2陰曩を冷やす

31℃〜33℃くらい

精巣の働きを高める方法として陰曩を冷やす方法があります。
精巣は体温よりやや低めの温度、31℃〜33℃でその働きがもっとも活発になり精巣の製造も進みます。そもそも、陰曩がカラダから離れてぶら下がっているのも体温を伝わりにくくするためなので、ぬるま湯の中で精巣を適度に冷やす方法は効果的です。ただし、冷やしすぎは逆効果なので注意が必要です。

 

花2精子の放出回数を増やす
精力の衰えを防ぐには、適度に精子を放出して精巣の働きを活発にしておく必要があります。それというのも若い頃は精子をためる精管膨大部が満タンになっても精子は製造しつづけられます。しかしながら、25歳をすぎると、精子が満タンになった時点でそれ以上精子を製造しないよう、脳から命令が出されます。

 

そのまま精子を放出しないでいると、ずっと精子は作られません。そのため、精力の減退が進み、精子の質まで悪くなってしまいます。歳をとっても、精子は1週間ほどで満タンになるので、週に1回は放出するようにしましょう。

 

 

花2おすすめはノーパン睡眠

眠っている女性

夜寝るときだけは、
パンツを脱いで陰曩を開放させる方法も効果的です。
ノーパン睡眠と呼んでいますが、この方法は下半身の血行がよくなるために、女性にも効果大なのです。