自力で妊娠するために

自宅で料理をする

女性だからこそ気をつけたい食生活

 

女性の不妊の原因にもなりかねない血液の汚れrと冷え性。また貧血、便秘といえば、女性が訴える体調不良の代表ですね。栄養バランスの摂れた食事をとり、これらの状態を回復させましょう。

 

憂鬱

女性が特に訴えるカラダの不調に貧血、冷え性、低血圧、などがあります。これらは全て血の巡り(血行)に問題があります。

 

少食の人や、お菓子が好きな人、偏食の多い人などは特に栄養の偏りが起こってきます。まずは栄養のあるものを過不足なくとるようにすること、好き嫌いをせずに、きちんと食事をとることから始めましょう。

 

もちろん、睡眠をたっぷりとることや、不規則な食事をしないこと、適度にカラダを動かすなど、健康の基本を守ることも大切です。

 

また、女性の場合、特に気をつけたいのがダイエットによる健康障害です。

 

必要以上の過激なダイエットは、生理不順を招き、無月経になったり、妊娠しにくいカラダを作ってしまうので要注意です。

 

妊娠に強い味方の栄養素!

ビタミンEを多く含む食材

鉄分
女性の約3割にみられる貧血。
その大部分が体内(特に肝臓)の鉄分不足によるものです。鉄分を多く含む食品は、牛肉、レバー、カキ、海藻などです。

 

ビタミンE
ビタミンEが不足すると、男女ともに生殖能力が落ちます。
また、ビタミンEは血行をよくし、冷え性を改善する働きがあります。
ビタミンEを多く含む食品は、ナッツ類(アーモンド等)、うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草、アボカドなど。

 

カルシウムを多く含む食材

カルシウム
カルシウムは、日本人に唯一不足している栄養素。骨を丈夫にし、ストレスにも効く心強い栄養素です。カルシウムを多く含む食品は、牛乳、小松菜などの緑黄色野菜、小魚、ゴマ、切干大根などです。

 

食物繊維
便秘解消に役立つのが、お腹の掃除役、食物繊維です。
食物繊維を多く含む食品は、ごぼう、いも類、こんにゃく、おから、ひじき、などです。

 

仕事が忙しく、毎日栄養バランスの良い食事のことばかり考えていられない方の強い味方がサプリメントです。サプリメントも上手に利用して行きましょう!


男性の精力を高める食生活

生活が不規則になりがちな男性は、特に食事をしっかりとる必要があります。

 

精子を元気にし、精力をアップするためには、毎日の食生活が基本です。

 

精子生成に欠かせない栄養素をしっかりとりましょう!

ビタミンAを多く含む食材

ビタミンA
がん抑制に効果のあるビタミンAは、抵抗力をつけ、からだの活性化させる元となります。
ビタミンAを多く含む食品は、やつめうなぎ、レバー、鶏卵、小松菜、ほうれん草などです。

 

亜鉛
男性ホルモンの合成を促すミネラル、亜鉛が不足すると、精子の製造能力が落ちます。
亜鉛を多く含む食品はカキ、ほたて貝、牛肉、たらこ、しょうが、ナッツ類などです。

 

ビタミンBを多く含む食材

ビタミンB
疲労回復、スタミナアップに効果を発揮するビタミンです。
ビタミンBを多く含む食品は、うなぎ、豚肉、大豆製品、しいたけなどです。

 

アルギニン
たんぱく質を形成する必須アミノ酸の一種。
精液の80%を占めている成分です。
アルギニンを多く含む食品は、豆みそ、ナッツ類、玄米、ゴマなどです。

 

ビタミンEを多く含む食材

ビタミンE
女性の場合と同様、精子製造に最も重要なビタミンです。ビタミンEを多く含む食品は、ナッツ類(アーモンド等)、うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草、アボカドなどです。

 

 

黒ごまの威力、絶大!?
黒ゴマを、1日にスプーン2杯。
これは、男性不妊によく効く食事法です。
黒ゴマには、性ホルモンを増やす特殊な脂肪分が多く含まれています。
さらに性ホルモンをつくるために欠かせない必須アミノ酸(8種類)も非常に多く含まれており、性ホルモンの分泌を活発にします。
黒ゴマには、他にも亜鉛やセレンという成分など、精力を高めるものが多く含まれています。毎日大きめのスプーン2杯ずつの黒ゴマを食べれば、早い人なら2週間ほどで精力に自信がついてくるはずです。

 

アルギニンを多く含む食材

但し、アルギニンはとりすぎに注意です。
栄養補助食品などで多くとりすぎると、関節肥大や骨の奇形を起こすおそれがあります。
アルギニンも他のビタミンやミネラルと一緒にバランスよく配合されたものは心配ないですが、栄養素が「アルギニン」のみ、というものには十分注意しましょう。